×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


初心者のための 3DCG Seminar

第三回; ライティング小僧の逆襲

3DCGをだれかに見てもらうときに気になるのが、相手の反応です。
「これどうやってやったの?」と言われると、うれしいものです。
影があったり、照明の効果が演出されていたりすると、喜んでくれる人が多いようです。
ライティングとは空間内に光源をつくって、反射や影の効果をつける作業で、
現実の空間に近いか、それ以上にはっきりした効果を得る事が出来ます。

ここでは簡単に出来る方法を紹介して、実際にその効果を試してみましょう。

1;影をつける
比較的簡単に出来るのが、影をつける効果です。
この効果は床を配置して光源の方向を決めるだけで良いので、
短時間で
その効果を得る事が出来ます。
光源と逆方向に影ができているのが分かります。
曲面には自然にグラデーションがついて立体感が得られます。
家具プレゼ;

O−Shelf
2;光源の数を増やす。
下の画像では手前からの照明と奥からさしこむ照明の
二つの光源による光のと影の効果を演出しています。
壁の後ろ側に光源を配置して隙間から光を漏らすと、
壁の影と床に映った光の筋が見ることが出来ます。


ライティング
実験;

2つの光源

3;立体と光源の組み合わせで効果をつくる。
立体同士の間に光源を挟みこむと、その間から光が漏れる効果を得られます
インテリアの打ち合わせでは、間接照明のイメージを伝えるのに四苦八苦する事が多いのですが、
ライティングの効果をつかって3DCGでクライアントにプレゼンテーションすれば、
短時間でイメージの伝達をする事が出来ます。

ライティング
実験;

間接照明

4;スポットライトの効果を知る。
簡単な空間をつくってその効果を試してみます。
ここではブルーのスポットライトがどのように壁にあたるのか、
あらかじめシミュレーションしてみます。
イメージどおりの状態まで何度かやり直しが必要なので、
根気強く光の強さと方向・色等を調整しましょう。

ライティング
実験;

青い
スポットライト

次にモデリングした立体に画像データをマッピングします。


ここでは夜景用に若干加工したフォトデータを貼り付けてみます。
短時間でそれらしい感じがでるのでおすすめの手法です。
モデリングデータは床と壁だけでも、ライティングの効果でそれらしい感じがでています。


夜景;
ブルーライト
プロジェクト

床に映り込んだ画像はレンダリングの効果によるものですが、
次回の講義はこのレンダリングの講義、「レンダリング青年の憂鬱」です。